家族で秩父フライフィールド

By in フライフィッシング on 2014年7月13日

秩父フライフィールド

今回は、初めての釣り場。
秩父フライフィールド。

「今週末、釣りに行くけど、一緒に行く?」

この誘いに子供たちが乗ってくれたので、家族4人分を予約。
この釣り場は、一日限定12人の管理釣り場なのです。

事務所で説明を聞き、早速、釣り開始。
事務所下は、初心者の我々でも、いかにも釣れそうな渓相です。

でも、ここを流せば、来るだろう。
というポイントをフライを流しても、反応がありません。

釣りあげた恒太

そんな中、恒太が、いい型のニジマスを釣り上げました。

私はというと、バラシの連続。
いい型が出ても、直前でドラグが掛かり、フッキングしなかったり、なかなか釣りあげることができません。

釣りあげたニジマス

こんな小さなニジマスは、数匹釣りあげることは、できました。

恒太と瑞雪は、午後はすっかり、飽きてしまいました。

恒太と瑞雪

と言うのも、川の上の糸。
上の写真の瑞雪の頭の上に、無数の糸が張り巡らされているのが、分かるでしょうか?

カワウ除けの糸なのです。

この糸が曲者で、普通にオーバーヘッドキャスティングすると、すぐに引っ掛かってしまいます。
子供たちには、サイドキャスティングはちょっと難しく、なかなか難しい釣りとなってしまいました。

ヤマメ

釣果は、こんな小さなヤマメを含め、小さなニジマス10匹ほど。

大きなニジマスの顔を何回か見ただけに、ちょっと残念な釣果でした。