リビングで、子供たちとテレビを見ていたら、庭に見慣れない鳥が。 コゲラです。 「恒太、キツツキだ!」 細いモミジの枝に留まり、しきりに何かを突いています。 どう […続きを読む]

昨日、10分おきくらいに、草を巣箱に運んでいたシジュウカラ。 今朝は、なかなか、やってきません。 窓に近すぎて、巣作りをやめたかな、と巣箱の中を覗いてみることに […続きを読む]

巣箱の穴の大きさは、29ミリ。 シジュウカラは、うんしょ、うんしょと穴から出てきます。 ちょっと穴が小さいのか、時々、巣箱の中から、コツコツと木を叩く音がします […続きを読む]

よく夫婦で遊びに来ていたシジュウカラ。 アトリエから、眺めていたら、口に葉っぱをくわえて、巣箱に入っていきました。 巣作りを始めてくれたようです。 アトリエの窓 […続きを読む]

すっかりお姫様気分の瑞雪です。 「美女と野獣」のベルには、 「Big Smile!」 と言われ、ご機嫌でした。

今日は、いっぱい遊んだね。 ちょっと、眠い二人です。 でも、夜のパレードが強風で中止になったので、早く家路に着きました。

一面の梅林

By in 風景日記(old) on 2009年3月10日

梅の便りを聞き、青梅市の吉野梅郷「梅の公園」へ。 小高い丘に登ると、一面の梅の花が咲いていました。

梅の中でのお弁当

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

満開の梅の木の下で、お弁当。 やっぱり、外で食べると、おいしいね!

一本橋の瑞雪

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

慎重に歩みを進める瑞雪でした。

木道を走る恒太

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

北風の中でも、元気に走り回る恒太でした。

コゲラ

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

コゲラを発見! でも、恒太が見たがっていたキジは、ケーンという声だけでした。

もぐらの穴

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

今日は、近所の「東京都立小宮公園」に。 「これなあに?」 「モグラの穴だよ。」 興味津々の恒太と瑞雪でした。

八千穂高原の霧氷

By in 風景日記(old) on 2009年3月8日

霧氷が出そうな気がして、早朝の中央道を車を走らせました。 霧で包まれた道の両脇は、白い樹氷で、びっしりに。 青空に霧氷も美しけど、霧の中の霧氷も幻想的でした。