エゴノキ

By in 風景日記(old) on 2008年5月24日

近所の公園で、小さな白い花が、たくさん落ちています。 よく見ると、エゴノキの花でした。 清楚な白い花が、そよかぜに、揺れていました。

近くの公園

By in 風景日記(old) on 2008年5月24日

恒太が、近くの公園へ、案内してくれました。 保育園で、お散歩に来たそうです。 連れて行ってもらうと、家から10分ほど。 雑木林に、囲まれた公園で、休日の朝を楽し […続きを読む]

真紀さんへの母の日のプレゼントを探していて、かわいいバラを見つけました。 一重の小さなバラが、鈴なりに咲いています。 真紀さんは、「コクテール」のような一重のバ […続きを読む]

恒太と仲良しの、ご近所の方から、さくらんぼをいただきました。 ピンポーン。 「恒ちゃん、さくらんぼ持ってきたよ。」 「おばちゃ〜ん!」 パジャマのまま、玄関に出 […続きを読む]

春の山

By in 風景日記(old) on 2008年5月12日

野辺山にて。 きれいな山桜は、ないかな、と車で探していました。 そのとき、目に飛び込んできたのが、この小山。 何かの記念植樹だそうです。 白樺とカラマツの新緑に […続きを読む]

林の散歩

By in 風景日記(old) on 2008年5月12日

野辺山にて。 恒太や瑞雪と、お散歩すると、なかなか、前に進んでくれません。 松ぼっくりなら、まだいいのですが、ただの枯れ枝や、石ころを、大事そうに、拾って集めま […続きを読む]

その花咲く丘からは、残雪の南アルプスを望むことが、できます。 足元には、タンポポの白い綿毛。 ストロベリーキャンドルの赤い花。 新緑。 そして、残雪の南アルプス […続きを読む]

南アルプスを望む丘にて。 広い原っぱなのに、瑞雪は、真紀さんから離れようとしません。 ちょっと眠いのと、知らない土地で、不安なようです。 強い風が吹いています。

夏の間は、ヒマワリが咲く、その丘に、菜の花が咲いていました。 自宅を出たときは、昨日の雨の影響か、青空は見えませんでした。 それが、八ヶ岳に近づくにつれ、青空が […続きを読む]

春の菜の花畑の中。 自宅の周りのタンポポは、もう白い綿毛も残っていないのに、残雪の八ヶ岳や南アルプスを望むことができるこの丘では、まだ黄色い花が咲いています。 […続きを読む]

新緑のケヤキの木

By in 風景日記(old) on 2008年5月4日

近所の公園への散歩。 みんなで、ゆっくりと歩いていると、日が傾いてきました。 でも、ずいぶん、日が長くなりました。 夕方の柔らかい光の中、新緑のケヤキが、瑞々し […続きを読む]

白いタンポポ

By in 風景日記(old) on 2008年5月3日

近所の公園への散歩。 緑の原っぱに、黄色や白のタンポポが咲いています。 茶色くなったタンポポの帽子を取ったり、白い羽を、ふ〜っと、飛ばしたり。 自分で取ったタン […続きを読む]