ヒメシャラ

By in 風景日記(old) on 2009年6月19日

玄関横のヒメシャラの白い花が満開です。 でも、通行のじゃまになるので、花が終わったら、張り出した枝を切ろうと思います。

ラベンダーをいっぱいもらって、嬉しい瑞雪です。

仲良しの兄妹

By in 風景日記(old) on 2009年6月19日

恒太がラベンダーを摘み、瑞雪に渡します。 だんだん、瑞雪の入れ物に、花がいっぱいになってきました。

ラベンダー摘み

By in 風景日記(old) on 2009年6月19日

みんなで、ラベンダー摘み。 恒太が器用に、刈り取っていきます。

庭のラベンダーが満開です。 香りに誘われて、モンシロチョウも遊びに来ました。 そのモンシロチョウに迫る泥だらけの手は。 もちろん、恒太です。

泥遊び

By in 風景日記(old) on 2009年6月14日

一応、 「この服汚していい?」 と、尋ねます。 いいよ、と言った数分後には、この有り様です。 パンツの中まで、泥だらけです。

クヌギの木のシジュウカラも、巣箱に入ったまま、なかなか出てきません。 オスがクヌギの木の枝から歌うと、メスが巣箱から出てきて、オスから口移しで、イモムシをもらい […続きを読む]

八千穂高原は、レンゲツツジが、ちょうど見頃。 青空と白樺をバックに、美しい色を見せていました。

恒太に、タンポポの笛の吹き方や、ツツジの蜜の吸い方を教えました。 すると、太いタンポポや、レンゲツツジを見つけるたびに、口にくわえてしまいます。 腕には、真紀さ […続きを読む]

この一ヶ月くらいずっと、休日の度に雨でした。 今日は、やっと晴れました。 そこで、新緑の八千穂高原へ。 爽やかな高原の風の中、湖や白樺の林で、気持ちのいい休日を […続きを読む]

シジュウカラが巣立ち、寂しい思いをしていた矢先、別のシジュウカラの夫婦が、今度は、クヌギの巣箱に遊びに来ています。 巣箱の中に入ったり、出たり。 まるで、住宅展 […続きを読む]