八千穂高原は、ちょうどミツバツツジが満開。 初夏らしい、爽やかな色です。

朝から雨。 子供たちと、一緒に遊びに来たかったのですが、雨なので、八千穂高原に来たのは、私だけ。 霧の幻想的な風景が広がっています。

先日、シジュウカラのヒナたちが巣立ちました。 その朝、いつも来る親たちが来ません。 もしや、と思って、巣箱を覗いてみると、もぬけの空でした。 巣箱の中を取り出し […続きを読む]

泥だらけの恒太

By in 風景日記(old) on 2009年5月28日

恒太が庭に穴を開け、水を入れ、泥だんごを作り始めました。 そして、わざと泥水の中に。 真紀さんに、大目玉を食らったのは、言うまでもありません。

どんぐりの森

By in 風景日記(old) on 2009年5月28日

庭の隅に新緑の一団が。 よく見ると、クヌギの葉に似ています。 落ちたどんぐりから、芽が出たのです。 このまま大きくなったら、どんぐりの森になるかも。 でも、もう […続きを読む]

朝、巣箱の中が賑やかです。 親鳥がエサを運んで来る度に、かわいい声が聞こえてきます。 どれくらい大きくなったかと、巣箱を覗いてみました。 数えると、8羽。 小さ […続きを読む]

長崎のペンギン水族館。 皇帝ペンギンと顔を見合わせる恒太と瑞雪でした。

瑞雪の鹿せんべいを食べてくれました。 ちょっと、おっかなびっくりです。

1000円高速で、実家の長崎に帰省。 途中、渋滞を避けて、まわり道していると、いつの間にか、奈良に着いていました。 そこで、鹿に鹿せんべい。 午前中、すでに観光 […続きを読む]

ツツジと瑞雪

By in 風景日記(old) on 2009年5月9日

瑞雪は、ツツジの蜜は吸いません。 でも、きれいなお花は、嬉しいみたい。

ツツジがたくさん咲いている公園。 子供の頃を思い出して、ツツジの蜜を吸ってみました。 甘い! 恒太に蜜の吸い方を教えると、何本もの花を摘んでいました。