初めての養沢毛鉤専用釣場

By in フライフィッシング on 2014年6月16日

ニジマスとフライタックル

自宅から、そんなに遠くない場所ながら、なぜか訪れていなかった「養沢毛鉤専用釣場」。
子供たち抜きで、一人で行ってきました。

養沢釣場

受付を済ませ、すぐ下のポイントに入ります。

でも反応無し。
ここは、人が入りやすい場所なので、魚がすれているようです。
やっぱり自分には、まだ難しい場所なのかな。
ちょっと落ち込みます。

練習を兼ねて、2時間、事務所下で、ねばりますが釣果無し。

続いて、遠藤前のポイントへ。

ここで、すぐにドライにニジマスが反応してきました。
なんだ、釣れるじゃん!

続いて、早淵のポイントへ。

出ました!ヤマメ!

フライタックルとヤマメ

向こう岸側のいい流れにドライを乗せると、パクッと食いついてきました。
駐車場近くの人が入りやすそうな場所で釣れたのは、自信になります。

続いて、神谷橋へ。

養沢ぽいんと

ここでは、ドライでニジマスを数匹上げることができました。

ニジマス

流れ込みを流すと、出てきたニジマス。
やっぱり、ドライで出ると、楽しいです。

続いて、平和橋へ。

養沢ポイント

ここのプールでは、何匹かの魚が見えます。
先ほど、通ったときは釣れなかったので、今度は丁寧に攻めることにします。

ドライでは、反応無し。
沈めてみると、何回かのバラシの後、やっと掛けることができました。

フライタックルとニジマス

この魚は、川を元気に横切り、楽しませてくれました。

その後は、日暮近くなり、ドライにも出るようになりました。

最初は、どうなるかと思った養沢。
川での釣りのいい練習になりました。