夏の小宮公園

By in 公園 on 2007年8月8日

今日は、恒太と瑞雪が夏風邪。

昨日、恒太は、急に熱が39度以上も出たので、保育園から呼び出しが掛かりました。
その風邪が瑞雪にも、うつってしまいました。

そこで、真紀さんが仕事を休み、看病をしてくれます。
万が一のために、車は家に置いておきます。
そのため、私は徒歩で会社へ。

久しぶりの小宮公園を通っての通勤です。

公園の上部の芝生には、シロツメ草。
たぶん、草刈をした影響で、今頃、花が咲いたのでは、ないでしょうか。

雑木林に入る直前で、セミの抜け殻を見つけました。
夏を感じます。

雑木林の中は、木漏れ日が落ちています。
ずっと、陽の当たるアスファルトの上を歩いていたので、ひんやりとした気持ちよさを感じます。

雑木林の中を、ぬって続く木道を歩きます。
夏草の緑が濃い色をしています。

山の斜面を降りると、ウバユリが咲いていました。
雑木林の下草の所々に、可憐な白い花を咲かせています。

次に目立つのが、キツネノカミソリ。
オレンジ色の小さい花が、いたる所に咲いています。

ヤブランもキツネノカミソリと一緒に咲いていました。

キツネノカミソリの群落です。

いました!
カブトムシ。
クヌギの木の幹を登っていました。

捕まえようか、と思いましたが、これから会社。
見逃してやりました。

しばらく木道を歩いていると、虫カゴを持った小学生とすれ違いました。
あのカブトムシのメスを見つけることは、できたでしょうか。