近所の公園でミヤマクワガタ

By in 公園 on 2007年8月25日

今日は、朝から、いい天気。
セミが、うるさいくらいに鳴いています。

近所の公園に、セミを取りに、やってきました。

捕まえたセミは、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ。
アブラゼミなら、何匹でも捕まえられるほど、たくさんいます。
恒太は、初めて、ツクツクボウシの鳴き声を憶えました。

最近は、セミ取りをする子供もいないのでしょうか。
いとも簡単に、虫かごが、いっぱいになります。

何匹も捕まえたので、アブラゼミを逃がしてあげます。

恒太が、セミ取りに、挑戦。
残念ながら、逃げられてしまいました。

セミ取りの合間に、恒太と瑞雪は、すべり台で遊びます。
この公園は、木が多いので、日陰で遊ぶことが、できます。

恒太が、緑色のセミ(ミンミンゼミ)を捕まえたいというので、木を一つ一つ廻って、探していました。
ケヤキの木で、セミを探そう、としたときです。

目の前に、クワガタが、いました。

急いで、虫かごの中のセミを、すべて逃がし、このクワガタを入れました。
茶色のミヤマクワガタのようです。

東京の郊外とはいえ、家から歩いて3分の公園で、クワガタを見つけることができました。

嬉しいと同時に、公園のクワガタを見つける子供も、この近所には、いないのだな、とちょっと複雑な気持ちになりました。

  • ぶり

    これはミヤマクワガタではないです、大きなコクワガタですね。

    • ご指摘、ありがとうございます。
      去年は、自宅のクヌギの木でも、コクワガタが採れました。
      それにしても、4年前に比べて、子供たちが大きくなりました。