夏の終わりの公園にて

By in 公園 on 2011年8月28日

ブランコの恒太

もうすぐ夏休みも終わり。

久しぶりに晴れ間が、のぞきました。
そこで、近所の公園へ。

ブランコの恒太

恒太と瑞雪は、さっそくブランコ。

ブランコの瑞雪

瑞雪は、まだ自分で、こぐことができません。
常に、背中を押してあげなければならないので、ちょっと面倒。

ウンテイの恒太

恒太は、ウンテイをひょいひょいと。
学校で鍛えているようです。

ウンテイの瑞雪

瑞雪も恒太のマネをしますが、2段目で、

「助けて~」

飛び降りることも、進むことも戻ることも、できず。
だっこして、降ろしてあげました。

四葉のクローバーと恒太

真紀さんが、四葉のクローバーを見つけました。
四葉のクローバーを恒太に取ってもらうと、今度は瑞雪が、

「わたしもほしい!」

四葉のクローバーと瑞雪

すると、真紀さんが、またすぐに四葉のクローバーを見つけました。
真紀さんは、四葉を見つけるのが、上手なのです。

瑞雪がクローバーを取り、にっこり。

緑のどんぐり

公園の木からは、どんぐりが落ちていました。

まだ緑色ですが、まさしく秋の気配。

つくつくぼうしに、夏休みの終わりに、どんぐり。
暑い中にも、夏の終わりを感じた公園でした。