初秋の公園

By in 公園 on 2011年10月10日

公園のベンチと自転車

家族で、近所の公園へ。
瑞雪が、保育園のお散歩で遊びに来たので、ぜひ案内したいとのこと。
あるいて、10分ほどの所に、その公園はありました。

ブランコの恒太

恒太も瑞雪も、早速、ブランコ、すべり台で遊びます。
どの公園に行っても、やることは同じです。

黄葉のケヤキ

公園の上は、ケヤキの木で覆われています。

先日の台風で、葉が痛んでしまっていましたが、だんだんと黄葉となってきました。

公園を後にし、どんぐりでも拾いに、お散歩することにしました。

イヌタデとキンモクセイ

途中、キンモクセイの花が、たくさん落ちていました。
そのそばには、イヌタデの紫色のきれいな花が。

自転車で草原の坂を下る恒太

緑地帯の中は、虫の宝庫。
ショウリョウバッタやコオロギが飛び跳ねます。

その中を、恒太が自転車で、駆け下ります。

カマキリと恒太

恒太が、カマキリを捕まえました。

手で首を掴むと、鎌で引っかかれて、

「イタッ!」

思わず、手を離してしまいました。

手のひらの栗

道端には、栗やドングリが落ちていました。

身近で秋の始まりを感じた一日でした。