軽井沢「ピッキオ」での野鳥観察

By in 家族旅行 on 2007年1月3日


軽井沢には、お昼頃、到着しました。
そして、星野温泉に隣接する「ピッキオ」のビジターセンターを
訪れました。

ビジターセンターには、野鳥の観察部屋があります。
この部屋には、野鳥を観察するための大きな窓があります。
スモークが貼ってあり、鳥からは、こちらが見えません。

しばらく観察していると、頭が赤い大きめの鳥が近づいてきました。
アカゲラです。

木を伝いながら、窓の直前まで近づいてきます。
そして、えさの牛脂を、つついていました。


ここには、さらに仕掛けがあります。
割った丸太に透明の板が貼り付けてあり、その板の内側に牛脂が
塗ってあるのです。
板が透明ですから、アカゲラのくちばしが、木の中でどのように
なっているかを見ることができます。
なんと、10cmはあろうかという長い舌で、えさを食べていました。
自然界では、自分でつついて開けた穴から、このように舌を伸ばして
虫を捕っているそうです。

恒太もアカゲラは覚えたようで、アカゲラが近づいて来るたびに、
「あの鳥さん、木をつついて、虫を食べるんだよね!」
と喜んでいました。


他にやってきた鳥は、カワラヒワ、ゴジュウカラ、ヒヨドリ。

この観察部屋は、床暖房、双眼鏡、図鑑などを完備。
快適な環境で鳥を観察することができます。
床は靴を脱いでの絨毯張りなので、はいはいの瑞雪にも、大助かり。
子供用にスケッチブックや、色紙が置いてあり、子供が自然に
親しむにも、すばらしいところです。

このビジターセンターには、ガイドさんが常駐しており、鳥が来たら、
その鳥が何であるか、その特徴などを教えてくれます。
また、子供たちにイラストを使ったクイズを出してくれたり、とても
フレンドリーです。

恒太や瑞雪が騒ぐ中、面倒を見てもらって、ありがとうございました。
後日、恒太は、
「あのお姉さんのいる部屋で、鳥さんを見たい!」
と、また訪れたいようでした。

本当は朝の「ネイチャーウォッチング」にも参加したかったのですが、
お正月は今日までで、せっかく泊まるのに、明日はやっていないとの
こと。
土日はやっているようなので、機会があれば、また訪ねたいと
思います。