白馬の公園で

By in 家族旅行 on 2007年5月4日

白馬村のお昼ごろ。

偶然いた飯田神明社に、塩の道祭りの行列がやってきました。
水戸黄門のような旅姿の人や、巫女さんがいます。

恒太は、行列の馬に興味があるけど、ちょっと怖い様子。

神社の隣の保育園で、お弁当を食べました。

恒太と瑞雪は、この保育園の運動場が気に入ったようで、なかなか動こうとしません。
ブランコに、砂場に、ジャングルジム。
大人にとっては、どこにでもある施設だから、わざわざ白馬で遊ばなくても、と思うのだけど、子供にとっては、場所は関係ないのでしょうね。

「お山の見える公園に行こう!」
と、まだ遊びたげな二人を、やっと車のチャイルドシートに座らせました。

行き先は、小川村の星と緑のロマントピア。
二人は、車の中で眠ってしまいました。

目的地の「星と緑のロマントピア」に到着すると、まずソフトクリーム。
先ほど車に乗せるために、約束してしまいましたから。
恒太は、口の周りを真っ白になってしまいました。

ここには、恒太くらいの年頃にぴったりの遊具が、たくさんありました。
いかだに、アスレチックに、はしごに、長いすべり台。

先週、歩き始めたばかりの瑞雪にも、安心して遊べる芝生の広場がありました。

恒太は、縄のはしごを登り、ローラーすべり台を何回も繰り返していました。

遠い西の空には、残雪の北アルプスが広がっていました。