恒太と瑞雪の初スキー

By in 家族旅行 on 2008年1月6日

冬休みの最終日。
空は、朝から快晴です。

お正月は、私だけ長崎に帰省してしまいましたので、子供たちと遊んでいません。
そこで、雪遊びに出かけることにしました。

と言っても、出かけようと決めたのが、朝食後。
子供と遊べて、最も近いスキー場ということで、「ふじてんスノーリゾート」へ行くことにしました。

一人500円のちびっこランドに入場して、そりなどで遊びます。
大人は、最初からスキーをする気は、まったくありません。
スキーブーツでなく、長靴です。

案外、そりって、楽しい!

恒太は、そりよりも、雪遊びが、好きなようです。

雪にまみれながら、小山を上り。

富士山のバックに、ポーズ。

そして、雪のすべり台を、滑り降ります。
飽きることなく、何度も繰り返していました。

しばらく遊ぶと、瑞雪は、体が冷えてきたようで、真紀さんに、しがみついて、離れません。
そこで、恒太と二人で、スキーの練習です。

2000円で買った、おもちゃのスキーセットですが、それなりに滑れます。
恒太は転んでも平気なようです。
転んでも、笑いながら立ち上がり、またチャレンジします。
今後が楽しみです。

日が傾いてきたので、スキー場を後にしました。
精進湖に向かいます。

精進湖では、赤富士を期待しましたが、それほど赤くならずに、日が暮れてしまいました。

そして、温泉で冷えた体を温め、家路につきました。