ログペンションひなたぼっこ

By in 家族旅行 on 2008年3月1日

今年になって、軽井沢に遊びに行こうと企てたのは、3回目。
でも、前回、前々回は、子供の熱などで、旅行を中止せざるを、えませんでした。

で、その度に、キャンセルを快く受け入れていただいたのが、今回、宿泊する「ログペンションひなたぼっこ」。

宿泊する棟と、食事する棟の二つから、構成されています。
どちらもログハウスです。

私たちが泊ったのは、1階の和室です。
遊びまわる小さい子には、和室のほうが過ごしやすいです。
洋室で、子供が寝相で、ベッドから落ちるのを心配する必要も、ありませんし・・・。
広い家族風呂も、宿泊棟にあります。

食堂のほうには、まきの暖炉と、吹き抜けの2階に、プレイルームがあります。
うちの子供たちは、このペンションのお子さんたちが、読んでいたと思われる絵本や、おもちゃで遊んでいました。

ペンションの周りは、一面の雪。
隣は、広い畑です。
恒太は、大喜びで雪の上を転げ回っていました。

また、近所には馬の牧場があり、夏には、ポニーなどに乗せてくれるのだそうです。
瑞雪は、ず〜っと、飽きずに馬を眺めていました。

そして、このペンション、一番のお楽しみが、パン作り。

 

まず、子供たちは、自分が作りたいパンの形を、絵に描きます。
瑞雪は星。恒太はブドウです。

 

そして、奥さんが作ってくれたパン生地を、叩いたり、こねたり、切ったりしながら、目標の形に、していきます。

できあがったパン生地を鉄板に載せれば、完成!
明日の朝ごはんに、焼きあがったパンが出てきます。

 

次の日、瑞雪と恒太が、作ったパンが、朝食に出てきました。
でも、瑞雪は、もったいないらしく、星のパンを食べず、家まで持って帰りました。