夏休みの白馬キャンプ

By in 家族旅行 on 2014年8月1日

家族でスイカ

梅雨が明けた夏休み。
わが家は、長野県の白馬にキャンプにやってきました。

暑い中、みんなでテントやタープを設営です。

テント

設営が、ほぼ完成すると、キャンプ場管理人の桜井さんが、アイスの差し入れを持ってきてくれました。

アイスを食べる恒太

アイスを食べる瑞雪

今日から6泊お世話になるキャンプ場は、「キングパパイアキャンプ場」。
管理人の桜井さんには、私たちが留守中に倒れたタープを、いつの間にか直していただいたりと、とてもお世話になりました。

このキャンプ場には、各サイトにAC電源が供給されています。

パン焼き器

そこで、持ち込んだのが、このパン焼き器。

朝のキャンプ場に、おいしいパンの香りが漂います。

パンの朝食

淹れたてのコーヒーに、焼き立てのパン。

朝の清々しい空気の中で、ぜいたくな時間が流れます。

ハンモックの恒太と瑞雪

日中は、サイトでゆっくりしたり、山登り、魚釣り。

恒太の火起こし

そして、夕方には近くのスーパーで買い物をして、恒太に火を熾してもらうのが、一日の日課です。

今日は、火おこし器で、火種を作ってみます。
手伝ってくださっているのは、管理人の桜井さん。

火種

熾った火種は、枯れ葉に移りましたが、残念ながら、薪に移るまでは、いきませんででした。

たき火

夜になると、恒太が熾した火が、明るく周りを照らす中、みんなで食事です。

IMG_7517

炭が熾きている七輪の上に載っているのは、溶岩プレート。
これで肉や野菜を焼くと、おいしくいただけるのです。

花火

夜は、花火。

実は、今回のキャンプで、平日の日は、私たちだけの貸切状態。
花火も、周りに気兼ねなくできたのでした。

スイカ

キャンプ最終日の前日。
桜井さんが、スイカの差し入れを持ってきてくれました。

こんなに大きいスイカは、一日では食べきれません。
このキャンプ場には、備え付けの冷蔵庫があるので、半分はそちらに。

スイカを食べる恒太

スイカを食べる瑞雪

最終日は、テント撤収の後、みんなで、よく冷えたスイカをいただいたのでした。

とても楽しいキャンプを過ごすことができた1週間でした。