イチゴの苗の植え付け

By in on 2007年1月8日

去年、庭にイチゴを植えていました。

でも、ほとんどの実は、鳥に食べられてしまいました。
その様子は、以前のブログで。

・イチゴの収穫
・イチゴが鳥に・・・
・イチゴの鳥除けネット

その去年に植えたイチゴの苗を、庭の段々畑に移植して、ずっと放置していました。
すると、それら親株から、たくさんのライナーが出て、あちこちに新しい株が葉を
付けています。
そこで、新しい株を庭に植え替えてあげます。

今年こそ、イチゴを収穫するためです。

私は、堆肥を土に混ぜ、耕します。
狭い畑ですが、けっこう重労働です。

真紀さんは、段々畑の苗を一つ一つ掘り起こしてくれました。
瑞雪が眠そうだったので、おんぶしながらで、こちらも重労働となりました。

恒太は、庭を上へ下へと走り回り、どろんこになりながら、楽しそうでした。

やっと、庭の土作りができましたが、すでに夕方。
でも、掘り出した苗を、そのままにしては、枯れてしまうので、
夕暮れの中、苗を一つ一つ植えていきました。

上の写真は、翌朝に撮ったものです。

数えると、全部でおよそ80株の苗を植えていました。

今から、実がなるのが楽しみです。

今年は、鳥に食べられないように、ちゃんと考えています。
その方策は、また後日。