庭のイチゴのマルチ掛け

By in on 2007年2月25日

庭にも、春がやってきそうです。

そこで、今日は、庭のイチゴに、ビニールマルチを掛けてあげます。

これは、去年から植えているイチゴの親株ですが、いくつか白いかわいい花を咲かせています。

こちらは、今シーズンに植えた畑のイチゴの株。
たぶん、トチオトメですが、よく葉を付けて、大きくなったものもあります。

もう、この苗は、枯れちゃったかな、と思っていましたが、よく見ると、中央から小さな芽が出ています。
これから、がんばって、大きくなってくれるでしょうか。

畑の畝の間に肥料を撒いて、土にすき込みます。
ちょっと、肥料が多すぎたかな。

恒太は、畑の横で、土とブルドーザーのミニカーで遊んでいます。
もちろん、どろんこ。

イチゴの株の部分に、カッターで穴を開け、ビニールマルチを被せます。
こうすることで、温度と湿度が保たれ、発育が促進されるそうです。
これで、甘いイチゴが取れるといいな。

ビニールを被せていたら、小さな花を見つけました。

こんな花がたくさん咲いて、たくさんの実を付けたら、恒太の他にも、お友達を呼んで、みんなに、ごちそうしたいと思います。