山梨のイチゴ狩り

By in 撮影地 on 2007年1月20日

今日は、家族で、イチゴ狩りに行ってきました。

天気が良ければ、近くの公園で遊ぼうと思っていたのだけれど、北風が冷たいし、
午後からは、天気が崩れる予報。

そこで、天気に依存しない、ビニールハウス内のイチゴ狩りに行くことにしました。

ネットで調べて、高速道で行けば、そう遠くない山梨の「いちごランド」へ予約を入れました。
当日だったにも関わらず、快く予約を引き受けてもらえました。

案内されたのは、1号棟の「中島フィールズ」さん。
中に案内されると、予想に反して、お客さんはほとんどいません。

その中の一つのレーンを、貸切で使わせてもらえました。

甘い香りが漂い、大きなイチゴの実が、たくさん成っています。
味は、甘く、そして、濃厚。

失敗だったのは、食べたイチゴの品種を聞き忘れたこと。
そのため、味は、

おいしい!

それしか、言えません。

イチゴが成っている畑?は、地面から離れて高いところにあります。
そのため、イチゴに土が付かず、清潔な状態で食べることができます。

でも、恒太には、ちょっと高過ぎ。
恒太は、だっこしてあげて、イチゴを取ります。

瑞雪も、大きなイチゴを、おいしそうに食べています。
前歯2本が、やっと、生えてきたところですが、器用に食べていました。

イチゴの花には、ミツバチが止まっては、別の花へと飛び回っていました。
ミツバチが、イチゴの花の花粉を、めしべに運んでいるのです。

ハウスの中には、蜂の巣箱がありました。
この入り口から、ミツバチが出たり、入ったりしていました。

私と真紀さんと恒太とで、このレーンのおいしそうなイチゴは、ほとんど
食べ尽くしてしまいました。

それほど、おいしかったです。

あっという間の30分でした。
ちなみに、大人は30分1600円です。
恒太は、2歳だから、無料。(大人並みに食べてましたが・・・。)

帰りに、キウイもいただき、恒太は、ご機嫌でした。