雪景色の八千穂高原

By in 撮影地 on 2007年2月10日

今日は、恒太の誕生日。

でも、霧氷が出るかも!

天気予報では、全国的に霧が出やすい予報。
しかも、八千穂高原のある佐久地方には、濃霧注意報も出ています。
でも、ちょっと気になるのが、気温が高めのこと。

後ろ髪を引かれる思いで、早朝の家を後にしました。
きっと、お昼までには、帰ってくるからね。

結論からいうと、霧氷は出ず。
結局、気温が0℃を下回ることは、ありませんでした。

そこで、気持ちを切り替え、雪景色の撮影に。

八千穂レイクは、すっかり凍っていました。
この池に流れ込む川の周りだけに、水を見ることができました。

レイク沿いの土手の道では、たくさんの動物の足跡が。
これは、イタチやテンの仲間でしょうか?

レイク北線の道路沿いには、白樺純木林が広がります。
林の向こうまで、ずっと雪の白樺です。

八千穂を後にしたのは、午前10頃。
途中、仮眠を取ったりしましたが、何とか、家の昼食に間に合いました。

サービスエリアで買った「信玄餅」をお土産に持って帰ると、恒太は大喜び。

でも、誕生日プレゼントは、ちゃんと別に買ってあるからね。