飯綱高原の桜

By in 撮影地 on 2007年5月3日

桃畑で、お弁当を食べた後、今度は桜を巡ります。
有名な桜には、町のあちらこちらに道標があり、迷うことはありません。

まずは、袖之山のしだれ桜です。
推定樹齢300年以上の大しだれ桜です。
色こそ、白っぽいものの、枝振りが立派です。
道を隔てた公民館にも、この桜の子供らしい、立派なしだれ桜がありました。

続いて、地蔵久保の大山桜を訪れました。
この桜は、何と言っても、赤紫の色がきれいです。
木も大きく、
樹高20m、推定樹齢130年です。
小高い丘の上にあり、青空と組み合わせたら、さぞ美しい色だろうな、と思わせます。
周りは、ちょうどコブシも満開でした。

最後は、曹源院のしだれ桜です。
それほど大きな桜の木では、ありませんが、周りとの調和が美しいです。
お寺や棚田、かやぶきの家など、田園の春といった趣でした。

これらの有名な桜の他にも、飯綱高原のあちらこちらに、ソメイヨシノ、山桜、コブシが満開で、時間があれば、もっとゆっくりと巡りたいところでした。