春らんまんの白馬村

By in 撮影地 on 2007年5月4日

AM4:30起床。

昨日の夕方、白馬村のペンションへ向かう途中で、目を付けていた場所へ向かいました。

水が入り、田植えを待つ田んぼに、満開のコブシの木。

右に左に、立ったりしゃがんだり。
田んぼに、北アルプスが映りこむ最適のポイントを探します。

早起きした甲斐があって、朝日で赤く染まる北アルプスと、春の情景を撮影することができました。

白馬岳から鹿島槍ヶ岳方面へ目を移すと、日の出前には、気づきませんでしたが、そこには満開の山桜の木がありました。
白馬周辺では、ソメイヨシノを見ることは、むしろ少なく、山桜やコブシの木が、多いようです。

白馬村のオリンピック道路を走っていると、また気になるコブシの木を見つけました。

田んぼの真ん中に、一本だけ、ぽつんと立っています。
あぜ道には、黄色いタンポポが咲き、遠くには残雪の山。

子供たちと、春ののどかな風景を楽しみました。