清里の清泉寮へ

By in 撮影地 on 2007年6月30日

今日から、清里へさくらんぼ狩りに、行きます。

本当は、2週間前に行く予定でしたが、恒太と瑞雪が、二人とも熱を出してしまい、今日に延期したのでした。

朝、9時までに中央高速に乗り、韮崎で降ります。
八王子から韮崎までは、100km以内。そしてAM6〜9時に高速に乗ると、通勤割引で高速道路が半額になるのです。

韮崎で降りたので、茅ヶ岳広域農道の明野のヒマワリ畑の横を通り、増冨ラジウムラインから、クリスタルラインを経由して、野辺山に抜けます。
八ヶ岳や南アルプスの展望、渓流、白樺林、花崗岩の山、一面の高原野菜の畑、ときれいな景色が続く快適なドライブです。

通仙峡から上は、本谷川を沿って走ります。

新緑がとても美しい渓流です。
水もきれいだし、空気もおいしい。
思わず、深呼吸したくなります。

渓流沿いに車を停めて、一休み。
恒太がシャボン玉で遊びます。

お昼は、清里へ。

お腹も空いたので、清泉寮で、お弁当を食べました。

その清泉寮で、凧の制作教室をやっていました。
おもしろそうな形の凧が、いろいろあります。

みんなで参加しました。

恒太は、赤い星型の凧。
凧にお絵描きします。
チューリップを書いていました。

瑞雪もちょうちょの凧を買ったのですが、まだ上手に作れないので、お絵描きのみです。

外に出て、凧揚げをします。
おあつらえ向きに、強い風が吹いています。
初めて凧揚げをする恒太にも、簡単に揚げることがことが、できました。

広い牧草地で、みんなで走り回りました。

凧揚げの後は、お約束のソフトクリーム。
清泉寮のソフトクリームは、添加剤などが入っていないので、すぐに溶けてしまいます。
恒太と一緒に、走れ走れ。
アイスを落としそうで、冷や冷やしましたが、なんとか、持って来れました。

恒太も瑞雪も、口の周りを真っ白にして、アイスを食べます。

恒太は、ペロペロ舐めるばかりで、アイスを、ほおばりません。
だんだん溶けて、アイスの形が崩れてきました。

 

恒太と瑞雪は、広い牧草地を走り回ります。
転んでも痛くないし、高原で暑くもないし、安心して遊ぶのを見ていられます。

そして、だんだん、瑞雪も眠そうになってきたので、今日の宿へ向かいました。