霧が晴れた美瑛の最終日

By in 撮影地 on 2007年7月24日

北海道、美瑛の最終日。
今日も、濃霧の朝から始まりました。

「ジェットコースターの路」から、美瑛の丘を見渡すことができます。
今朝は、そこで霧が晴れるのを待ちます。

周りは、麦畑。
霧で見通しが、ききませんので、見える範囲すべてが、一面の麦の穂です。

でも、太陽が高く上るまで、霧が晴れることは、ありませんでした。

霧が晴れると、雲一つない青空。
時刻は、7:30。
宿の朝食が始まる時間です。
せっかくの北海道の青空ですから、宿にいる真紀さんに電話して、朝食をキャンセルしてもらいました。

そばの花が、一面に咲いていました。
白い花が、青空に映えます。

形のいいポプラの木を見つけました。
「ケンとメリーの木」では、ありません。
名前が付いていなくても、美しい風景が、美瑛には、たくさんあります。

チェックアウトの時間までには、宿に帰らなければなりません。

最後に「親子の木」へ行こうと、向かいました。
でも、途中に、こんなきれいな風景を見つけては、寄り道してしまいます。

結局、「親子の木」には、たどり着きませんでした。

新しい発見をたくさんした北海道の最終日でした。