八ヶ岳の黄葉のカラマツづくしの一日

By in 撮影地 on 2007年11月3日

今日は、秋真っ盛りの八ヶ岳周辺へ行ってきました。

早朝、中央道を八ヶ岳方面へ向かいます。
でも、天気予報では、これから回復するはずなのに、車窓から見える八ヶ岳は、雲がかかったままです。

そこで、去年も紅葉がきれいだった本谷川渓谷へ、立ち寄ることにします。

川沿いを走る道の両側は、ピークまで、もう少しという紅葉でした。
それでも、落ちた葉が岩の上に積もり、川の秋を演出してくれます。

さらに川を遡って行くと、仙洞屈というところで、きれいな紅葉と白い川の流れを見ることができました。

渓谷を抜ける頃には、太陽が顔を出してきました。
晴れてきたようです。

信州峠を越え、長野県側の川上村へ入ると、そこは、一面のカラマツの黄葉でした。
山肌を、びっしりと黄色いカラマツが輝いています。

野辺山に抜けると、目の前に八ヶ岳が広がっています。
野辺山の高原野菜畑には、所々にカラマツが植えられています。防風林なのでしょうか。
畑をぬう農道を、気の向くままに走りながら、黄葉のカラマツと八ヶ岳の両方を楽しみました。

続いて、八ヶ岳高原ロッジに向かいます。
途中の道路はカラマツの並木です。
八ヶ岳に向かって、黄葉したカラマツが続いています。
残念ながら、こちらは黄葉のピークは過ぎたようです。

八ヶ岳高原ロッジの敷地内にある美鈴池で、昼食にします。
ベンチに座り、小春日和の暖かい日差しの中、八ヶ岳を眺めながら、気持ちよく食べることができました。

次は、小淵沢まで車を走らせます。
途中、牧場の牛などを眺めながら、観音平へ向かいました。

観音平へ行く道の途中から、林道を歩いていくと、カラマツの防火帯が現れます。
八ヶ岳に向かって、何も無い空間が、まっすぐに伸びています。
この明るい場所が、大好きなので、よく訪れます。

続いて、八ヶ岳西側の、カラマツ林の中を走る道路を北上します。

稲刈りが終わり、わらを干している様子を、あちこちで見ることができました。
その向こうには、もちろん八ヶ岳。

最終目的地は、御射鹿池。

日没までに、なんとか間に合いました。
美しく黄葉したカラマツが斜陽に照らし出され、風のない穏やかな池の水面に映っています。
日が沈むまでの、刻一刻と変わるカラマツと空の色を楽しみました。

日は暮れましたが、空は藍色できれいです。
フイルムカメラは、三脚で撮りましたが、デジカメは、感度を上げて手持ちで、撮ることができました。

今日は、早朝から日没まで、八ヶ岳周辺の秋を楽しむことが、できました。