黄金色のカラマツ

By in 撮影地 on 2005年11月10日

ロハス

今日は、北軽井沢から、浅間山の北側をドライブします。
通るのは、パノラマライン南ルート。
ロハス
左側に煙を吐く浅間山。
その麓には一面に広がるキャベツ畑。
(今は畑を耕した直後で、茶色の畑でしたが・・・。)
丘のあちらこちらには、黄葉したカラマツが輝いていました。
北海道の美瑛の秋もこんな感じなのでしょうか。
ロハス
あまり通行量の無い、この広域農道を景色を楽しみながら、ゆっくりとドライブしました。
きっと、夏も気持ちいいのでしょうね。
パノラマラインの終点の鹿沢温泉から、湯ノ丸高原へ向かいます。
標高を上げるにつれ、だんだんとカラマツの葉は、落葉が目立ってきます。
地蔵峠付近では、すっかり冬枯れの様相となっていました。
でも、一面のカラマツの山肌です。
最盛期は、さぞ美しかったことでしょう。
来年以降の、いいロケハンとなりました。
ロハス

峠を越え、標高を下げると、またカラマツの黄葉が見られるようになってきます。
山肌をびっしりと黄金色のカラマツが覆っていました。
ロハス

湯ノ丸高原からは、北アルプス、八ケ岳、そして富士山まで望むことができます。
開けた空が広がっていますので、夜の星は、さぞ、きれいなことでしょう。
国道18号線まで下り、目的のリンゴ屋さんまで、向かいます。
ロハス

国道沿いにある、「観光農園こばやし」で、リンゴ狩りを楽しみました。
恒太は、リンゴをむしゃむしゃと食べていました。
リンゴ以外にも、サツマイモやら栗やら、たくさんのお土産をいただき、長野からの帰途につきました。
もちろん、夕食は、横川で買った釜飯でした。