八千穂高原のミツバツツジ

By in 家族旅行, 撮影地 on 2011年6月4日

ミツバツツジと恒太

週末の梅雨の晴れ間。

休日の1000円高速も無くなることだし、どこかに出かけねばと、ネットを検索すると、八千穂高原のミツバツツジが見頃とのこと。
子供たちを、平日と同じ時間に起こし、中央道から八千穂高原に向かいました。

松原湖と八ヶ岳

長時間、車の中で過ごすことに飽きてきた子供たち。

途中の松原湖で休憩しました。

松原湖は美しい新緑に囲まれていました。
遠くに残雪の八ヶ岳も望むことができます。

瑞雪が描いた絵

瑞雪が、湖とツツジの花の絵を描きました。

リエックススキー場、八千穂高原スキー場を過ぎ、府中市民保養所やちほ近くのミツバツツジの大木に、到着しました。

白樺林とミツバツツジ

ミツバツツジは、ちょうど満開!

白樺の新緑に、青空に、紫色のミツバツツジ。
本当に、癒されます。

写真を撮りながら、家族みんなで、このミツバツツジを一周しました。

春のセミ

(恒太撮影)

白樺林の中は、ハルゼミの大合唱。
新緑の空気と共に、爽やかなセミの声が降り注ぎます。

花木園

(恒太撮影)

朝、早起きして、真紀さんがお弁当を作ってくれました。
花木園の休憩所で、お弁当をいただきました。

続いて、花木園を散策します。

レンゲツツジのつぼみ

(恒太撮影)

レンゲツツジのつぼみが、ほころんできました。
来週過ぎくらいが楽しみです。

川のほとりのクリンソウ

(恒太撮影)

小川のほとりには、クリンソウが咲いていました。
恒太と瑞雪は、この小川が気に入ったようで、なかなかここから離れません。

恒太は、片足、川に、はまってしまいました。

白樺林の二人

恒太と瑞雪も花を観察しながら、白樺林を散策。
彼らなりに楽しみを見つけて、遊んでいます。

ミツバツツジと滝

花木園の上部には、池とミツバツツジと白樺林。
清々しい景色を見ることができます。

帰りは、恒太が体調を崩し、清泉寮のソフトクリームと、温泉はキャンセル。
(温泉好きの瑞雪を、なだめるのが大変でした。)

おかげで、早い時間に帰宅することができました。

子供の体調管理には、気を付けねばと、反省しつつ、楽しい梅雨の晴れ間の一日を過ごすことができました。