車山のニッコウキスゲ

By in 家族旅行, 撮影地 on 2011年7月23日

ニッコウキスゲ

夏休み、最初の週末。

避暑も兼ねて、長野県の車山へ、ニッコウキスゲを見に行ってきました。

車山肩の駐車場は、満車で渋滞のことが多いため、車山スキー場から、リフトを乗り継いで車山山頂へ行き、そこから車山肩を目指します。

草原の恒太

車山山頂を、降り始めても、なかなかニッコウキスゲが現れません。
緑の草原が広がります。

どうやら、鹿がニッコウキスゲを食べ尽くしてしまったらしいのです。
以前、来た時には、緑の丘をニッコウキスゲが埋め尽くしていたのに・・・。

青い空と白い雲とニッコウキスゲの丘

それでも、車山肩の一部には、ニッコウキスゲが咲いていました。

ニッコウキスゲと入道雲

この区画だけは、電気柵で、鹿から守られているのです。

鹿が増えたのは、温暖化の影響か?、動植物の生態系が崩れたためか?
いずれにしても、人間の活動に一因がありそうです。

こんな柵の中だけでしか、咲くことができない花たちも、かわいそうです。

木陰で、お弁当をいただきました。

さすが、標高が高い高原です。
恒太も瑞雪も、日陰は寒い、と日なたでお弁当を食べます。

歩く家族

みんなで、ニッコウキスゲの周りを散策です。

ニッコウキスゲの丘の恒太

ニッコウキスゲの丘の上。
高い所が好きな恒太。

ニッコウキスゲと瑞雪

一休みして、お水を飲む瑞雪。

再び、車山山頂を目指して、登り始めました。

山道の瑞雪と真紀さん

夏休みが始まったこともあり、学校の遠足(?)の子たちと、何回も、すれ違いました。

山道を登る恒太

恒太は、疲れた様子もなく、ぐんぐん登っていきます。

山登りの瑞雪と真紀さん

約1時間の山登り。

瑞雪が登れるか、心配でしたが、一言も弱音を吐かず、登りきりました。

記念撮影

最後に、山頂で記念撮影。

まだまだ元気な子供たちに対して、一番疲れたのは、お父さんでした・・・。

車山